F6 SMARTの適用事例