空港、港、駅、事故現場で、化学物質を検出。

ポータブル質量分析計 Portabilityは、これまでの重くて大きな従来機に替わる、 1人で搬送から検査まで行える画期的な質量分析器です。わずか数秒で検査結果は得られ、その検出能力もppb(10億分の1)レベルと高く、薬物や毒物・爆発物などをあらゆるフィールドで検出することができます。

適用事例

特徴

特徴

  • バッテリー駆動型(4時間)
  • 小型・軽量で運搬可能(10kg)
  • ppb(10億万分の1)の微量物質の検出可能
  • 分析所要時間 1秒/スペクトル
  • 大気圧イオン化サンプリング可能

質量分析計とは

試料をイオン化させ、真空容器中に噴出させます。イオン化された試料を真空容器の電磁場内に通し、質量電荷比に応じて分離することによって、質量(m/z)を横軸、検出強度を縦軸となるマススペクトルを検出します。このスペクトルを分析することで、どのような物質が含まれているか、どのような分子構造を持っているかを知ることができます。

推奨動作環境/仕様

質量精度 ppb:10億分率
質量範囲 70 – 650 (m/z)
質量分解能 0.5 – 1amu (FWHM)
MS/MS測定 あり
分析間隔 1s/スペクトル
極性イオン 陽イオンと陰イオン
イオン化手法 大気圧イオン法 エレクトロスプレーイオン化法
またはアンビエントイオン化法
内部電子イオン化法(EI法)
質量分析法 小型Linear Ion Trap (LIT)
スペクトルライブラリ NISTのELライブラリまたはユーザー定義ライブラリ
バッテリー リチウムポリマー電池、最大4時間稼働
質量 10kg
外形寸法 (幅x高さx長さ) 330mm × 230mm × 410mm

質量分析計をもっと知る