実物を高品質の3次元データに!

非接触式3次元測定器を使用し、実物から高精度の3次元データを提供します。測定データは点群、STL、CADなど、ご要望に合わせた様々なフォーマットで納品いたします。さらにこれらの形状データのCAE解析データ(主にFEM形式)への変換、それを使用したシミュレーション解析の実行や製造精度分析のサービスにも対応しています。

適用事例

特徴

リバースエンジニアリングワークフロー

自社開発ソフトウェア”MIRAGE SHAPE”で短期間高精度の3D-CADデータを作成

CADモデリングには当社開発のリバースエンジニアリング支援ソフトウェア”MIRAGE SHAPE”を使用しています。そのシンプルでスピーディーな操作性により、短期間で高精度なCADデータ作成を実現しています。

STLデータ編集機能

STLデータの自動間引き機能では、三角面減少率、曲面維持率、エッジ長の保持を指定し、不要な要素だけを間引いた最適なSTLデータに変換することができます。

特徴線抽出

STL形状データは面の曲率に応じて色分け表示されます。
ユーザーは色分け表示に従って特徴線を描くことで、曲率を的確にとらえた特徴線を作成することができます。特徴線は作成後も自由に編集可能です。

CADサーフェス生成

特徴線からサーフェスを生成をします。特徴線を手動で選択することでサーフェスを生成することも、自動ですべての特徴線からサーフェス生成することも可能です。

CADサーフェス品質検査

生成されたCADサーフェスと、STLデータの差異(ずれ量)を計算し、コンター表示します。
CADサーフェスは生成後にも自由に編集を行うことができ、コンター表示結果から修正の必要な箇所を把握して調整を行うことで、適切なCADサーフェスの生成を行うことができます。

リバースエンジニアリングをもっと知る