シンプルな操作で最適な特徴線とCADサーフェスをスピーディーに作成!!

MIRAGE SHAPEは、3次元点群データから特徴線を作成するだけで、自由曲面を容易にCAD化するCAD生成プロセッサです。

適用事例

特徴

STLデータ間引き機能

STLデータ間引き機能

STLデータの自動間引き機能では、三角面減少率、曲面維持率、エッジ長の保持を調整し、不要な要素だけを間引いた最適なSTLデータに変換することができます。

STLデータ間引き機能

特徴線抽出

特徴線抽出

STL形状データは面の曲率に応じて色分け表示されます。
ユーザーは色分け表示に従って特徴線を描くことで、曲率を的確にとらえた特徴線を作成することができます。特徴線は作成後も自由に編集可能です。

補助面や補助線を自在に使用することで、より素早く特徴線を作成することができます。

STLデータ
STLデータ
補助面により分断
補助面により分断
交差している位置を線として抽出
交差している位置を線として抽出

CADサーフェス生成機能

CADサーフェス生成機能

特徴線からサーフェスを生成をします。特徴線を手動で選択することでサーフェスを生成することも、自動ですべての特徴線からサーフェス生成することも可能です。

描画された特徴線
描画された特徴線
サーフェスデータ
サーフェスデータ

CADサーフェス編集機能

生成されたサーフェスを直接編集する機能が豊富に用意されています。
例えばエッジや円柱形状等のソリッドによりサーフェスを切り抜いてトリム成形したり、モーフィング機能により詳細形状を微妙に再調整したりすることで、より入力データに忠実なCADサーフェスデータを作り上げることができます。

トリムによるサーフェス編集

同一形状のコピー

スケッチモデリング機能

断面エッジ形状を円形や円弧を使って面上に自由にスケッチすることができます。
スケッチ形状を押し出すことによるモデルリング操作もおこなうことができ、ポリゴンデータの品質が不十分な箇所や、作成の基となるポリゴンデータが存在しない場合でも、自由にモデリングを行うことが出来ます。

断面をスケッチ
断面をスケッチ
断面を回転押し出し
断面を回転押し出し
CADデータ
CADデータ
断面をスケッチ
断面をスケッチ
断面を押し出し
断面を押し出し
穴をあけて成形
穴をあけて成形

CADサーフェス品質検査

CADサーフェス品質検査

生成されたCADサーフェスと、STLデータの差異(ずれ量)を計算し、コンター表示します。
CADサーフェスは生成後にも自由に編集を行うことができ、コンター表示結果から修正の必要な箇所を把握して調整を行うことで、適切なCADサーフェスの生成を行うことができます。

推奨動作環境/仕様

CPU Intel Core i5以上
メモリ 4GB以上
ディスク空き容量 インストール時は1GB以上
グラフィックボード OpenGL2.1対応以上、グラフィックメモリ:2GB以上
ディスプレイ 1280×1024以上
その他 マウス、CD-ROMドライブ(インストール時)
OS Windows 7(64bit)
Windows 10(64bit)
ファイル入力 STL形状ファイル(.stl)
MIRAGE SHAPEオリジナルファイル
ファイル入力出力 STL形状ファイル(.stl)
CADファイル(.iges, .sat)
オプション出力機能(CATIA V5, CATIA V4,Pro/E,VDA-FS Parasolid)
MIRAGE SHAPEオリジナルファイル
表示機能(STL描画) グループ表示
マスキング表示
曲率コンター表示
表示機能(STL描画) グループ表示
マスキング表示
差分コンター表示
STL編集機能 STL自動間引き
曲率計算
特徴線操作機能 モーフィング
自動検査
結合/分割
CAD操作機能 特徴線からのサーフェス自動生成
STLへの自動フィット機能
モーフィング
サーフェス品質検査
サーフェス品質自動修正
サーフェストリム/穴あけ機能
スケッチ押し出し生成
補助機能 スケッチ機能
基本形状描画機能
補助平面/補助線作成機能
ソリッド作成機能

MIRAGE SHAPEをもっと知る